全国観光特産士検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に日本観光文化検定協会が合格証を付与するものです。

全国観光特産検定

実施要領とお申込み

全国一斉試験




社団法人日本販路コーディネータ協会
JMCグループ 認定校でのカリキュラムご採用ついて

JMCグループ資格検定事業のご案内
JMCグループは、社団法人「JMC 日本販路コーディネータ協会」「日本観光文化協会」を中核に、経済産業省認可(関産認協1875 号)「JRM セールスレップ・販路コーディネータ協同組合」、「JSRA 日本セールスレップ協会」、「JTCC 日本観光士会」などの組織を擁しています。
当グループは、資格検定事業・教育プログラム・教材の開発・提案営業や公的販路開拓支援事業、ビジネス書籍・資格関連図書の編集・出版などの事業を行なっており、大きく4 つの柱で構成されています。  

資格検定事業では、観光特産士、観光士プランナー、観光士、観光コーディネーター、販路コーディネーター、マネジメントマーケティングコーディネーター、商品プランナー、営業士、などの資格検定を展開しています。 専門学校や大学、認定校でのカリキュラムとして、@商品プランナーA観光プランナーB観光コーディネーター・キャンディデートC営業士などの20時間、雇用センター・訓練校などでは40〜160時間のプログラムを用意しています。

また、学校独自の研修時間のコマ時間設定、試験対策講座設定などで実施することができ、それらのカリキュラムのアドバイスも行っています。協会の認定校では、学校の既存講師への研修や、資格登録の3年間の猶予措置、テキスト、試験受験料などの学生割引措置なども充実させています。  

協会ではそのための学校の在住講師が指導できるような仕組みと、 学校の独自教育を尊重しています。 また、認定校様では、年間スケジュールや受講生徒の就職、卒業等のタイミングなどにあわせて、個別に試験を校内で実施することができます。

学校導入カリキュラム事例(観光プランナー)

科 目 名 開講期 開講年次 単位数 科目区分
観光実務論 2年次 後 期 2単位 選択必修
授業の目標
-到達目標-


本講義は「観光プランナー」(日本観光士会認定資格)を取得することを目的とした講義です。幅広い観光実務を学習し、資格認定を受けることのできる「日本観光士会認定講座」です。「観光プランナー」とは、地域資源を活用した新しいツーリズムや観光まちづくり、地域活性化等の分野において観光諸事業をプランニングする役割を担う人材です。本講義を受講し、講義内で実施する資格試験に合格すると、「観光プランナー」の資格を取得し、履歴書等に記載することができます。観光業界への就職に必要となる幅広い観光実務が習得できます。

科目の位置づけ
-この専門分野の領域-


観光プランナーは、地域資源を活用した新しいツーリズムや観光まちづくり、地域活性化等の分野において、今、最も期待が寄せられている資格の一つです。観光を通じた地域活性化は、地域の取り組みの成果として、その地域を訪れる旅行者が増加することによってはじめて実現されるものです。地域を訪れる旅行者を増加させるためには、多くの企業が財・サービスを市場に提供し、顧客満足度を向上させ、これまで気がつかなかった観光素材や、新たな創造的な「コトづくり、モノづくり、場おこし」により、市場に対して積極的・戦略的にマーケティング活動を行っていくことが求められます。これらの活動を取りまとめ、推進し、地域を牽引する役割を担う観光プランナーとしての知識、ノウハウ、スキルを体系的に学び、資格を取得します。

授業の内容・
講義手法の概要


「観光プランナー公式テキスト」に沿い、観光マーケティング、観光まちづくり、観光コミュニケーション・観光プレゼンテーション、観光コーディネート、観光マネージメントの基礎を学習し、その後、試験対策講義をし、講義内で「資格認定試験」を実施します。
※「資格認定試験」は、本来6月・11月の年2回、全国主要都市会場で実施されるものを、認定校として学内において、講義最終回に受験することができます。

授業計画


第1回 講義全般説明 、観光プランナーの役割 
第2回 観光マーケティングの基礎@
第3回 観光マーケティングの基礎A
第4回 観光マーケティングの基礎B
第5回 観光まちづくりの基礎@
第6回 観光まちづくりの基礎A
第7回 観光コミュニケーションの基礎
第8回 観光プレゼンテーションの基礎
第9回 観光コーディネートの基礎@
第10回 観光コーディネートの基礎A
第11回 観光マネージメントの基礎@
第12回 観光マネージメントの基礎A
第13回 資格認定試験対策(模擬試験)@
第14回 資格認定試験対策(模擬試験)A
第15回 資格認定試験(選択式全70問・60分)

評価の方法・基準


・資格認定試験(60%以上の正答で合格となり、「観光プランナー」の資格を取得します。
・評価は資格認定試験の成績、授業参加度(出席回数・受講態度等)により総合的に判断します。

指定教科書
参考文献等


・「観光プランナー公式テキスト」の受講者全員購入が必須です。(定価2,500円を2,000円税込で販売予定)
・講義内容によりプリントを配付します。

履修上の留意点


・「資格認定試験」受験には、出席10回以上が必要です。
・受験には受験料5,000円税込(正規受験料7,000円のところ)が必要となります。
・合格証は在学中および卒業後3年間有効です。その後は日本観光士会において更新の手続きが必要です。
・合格者は、就職活動などにおいて、「観光プランナー」を履歴書等に記載することができます。

事前準備学習・その他



専門学校・短大・大学検定認定校のご登録方法について
認定校になるには、ご登録費用など一切,経費はかかりません。
検定認定校として認定を受けるにはご登録が必要となります。簡単な登録ですので、ぜひご申請ください。
1.通学できる専門学校・短大・大学が対象になります。
2.協会事務局からの申請書類をいただければ、審査の上、即時検定認定校として認定されます。
3.貴校講師、教員の方への研修をご希望の場合は、別途ご相談に応じさせていただいております。

認定校の申請方法
認定校の申請は審査を受ける必要があります。費用は不要です。
協会事務局から申請書をお送りさせていただきますので、下記宛メール、お電話等でご申請ください。

日本観光文化協会
お問い合わせは
Email support@jmmp.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
(社)日本観光文化協会


卒業時に活躍できる職種
交通・運輸業、旅行業、観光業、観光施設、宿泊業、飲食サービス業、卸売業、小売業、製造業、サービス業、公的観光振興組織、公務員など広く観光振興、観光業界(地域ブランド開発、観光特産開発等を含む)にかかわる業種を対象としています。

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.