全国観光特産検定

全国観光特産検定 観光特産士® 全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に一般社団法人日本観光文化協会が合格証を付与するものです。

全国有力新聞紙面 2010年4月8日 朝刊に掲載、観光・特産品で「検定」6月から試験実施

北海道新聞 2010年4月8日号(pdfファイル)

一般社団法人「日本販路コーディネータ協会」(東京都)は、各地の伝統工芸品、農産物など特産物や観光に関する幅広い知識を問う「全国観光特産検定」を6月に創設する。同協会は地方の特産品を都市部に売り込むためコンサルタントの養成などに取り組んでおり、検定制度も人材育成の一環という。

検定は1~4級に分かれ、郷土料理や駅弁、民芸品などに関し出題。最も易しい4級は「カキの生産量トップの県は」などの基本知識を、1級では流通や旅行業者の受験も想定し各地域の歴史文化やマーケティング一般の知識も問う。

解答は選択式で100点満点。70点以上で各級の「観光特産士®」に認定される。2010年度は6月13日と11月28日、東京や大阪など全国8会場で3級と4級の試験を行う。11年度からは1~4級の試験を年2回実施。同協会は販売やマーケティングの専門家らで構成し、自治体などと提携して地方の商工業者向けの相談会なども手掛けている。