全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に社団法人日本販路コーディネータ協会が合格証を付与するものです。

全国観光特産検定





社団法人日本販路コーディネータ協会
ニュース/プレス新着情報

日本販路コーディネータ協、全国観光特産検定を開始

 日本販路コーディネータ協会(東京都北区、小塩稲之理事長、03‐3598‐6898)は、
「全国観光特産検定」を始める。

特産品を持つ地域の観光や歴史、文化について一定の知識を持つ人に合格証を与える。

第1回試験は11月28日に全国拠点都市会場で開催する。

 受験を通じて地域に愛着を持ってもらうとともに、地域おこしや特産品のプロを育てるのが目的。
検定では全国の特産物、食品、伝統工芸、地場産業、歴史などを出題する。

検定は1級から4級までで、正解率70%程度で合格とする。
1級取得者のうち90点以上を「全国観光特産士マイスター」と認定する。


2010年2月3日 日刊工業新聞社


日本観光文化協会
(社)日本販路コーディネータ協会内
TEL 03-3598-6898(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階 

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.