全国観光特産検定

全国観光特産検定 観光特産士® 全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に一般社団法人日本観光文化協会が合格証を付与するものです。

2021年11月20日 日本経済新聞土曜版 NIKKEIプラス1 「光に映える美しき夜の寺社」

日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1の「何でもランキング」で「光に映える美しき夜の寺社」と題し、ライトアップが美しい神社・お寺の特集が組まれ、その選定専門家に(一社)日本観光文化協会会長の小塩稲之が選出されました。

小塩稲之のコメント

1位 厳島神社(広島県廿日市市)「昼の華麗な姿から夜は荘厳な趣に姿を変える」
3位 興福寺(奈良市)「立体感のある建築様式の魅力が際立つ」
4位 足利織姫神社(栃木県足利市)「織姫公園として夜間照明が整備され、どちらも楽しめるのがよい」
7位 東大寺(奈良市)「奈良随一の夜景スポットといえるだろう」
10位 築地本願寺(東京都中央区)「荘厳な雰囲気を醸し出す」

調査の方法

年間1カ月以上のライトアップを行っている全国のお寺・神社から専門家の協力を得て19カ所をリストアップ。光に映える歴史的な建造物としての美しさ、周囲の自然環境を含めた光の演出効果の観点から10人の専門家がそれぞれ1位~10位を選定し、編集部で集計した。

今週の専門家

▽石橋睦美(フリーカメラマン)▽鵜飼秀徳(宗教ジャーナリスト、浄土宗僧侶)▽大島淳(昭文社編集部編集第2課課長)▽小塩稲之(日本観光文化協会会長)▽富本一幸(トラベルニュース編集長)▽中村伸樹(いこーよ)▽中村勇太(夜景写真家)▽丸田あつし(夜景フォトグラファー)▽丸々もとお(夜景評論家)▽宮澤やすみ(音楽家、神仏研究家)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2021年11月20日付]