MMP総研は、一般社団法人日本販路コーディネータ協会と一般社団法人日本観光文化協会の協会を母体とした研究機関です。

 
MMP総研
MMプログラム(MMP) 企業向けプログラム

学校向けプログラム

生涯学習プログラム

MMP総研の概要
MMP総研組織
マネジメント・マーケティングとは
総研研究員審査・登録

・保険、証券
・食品製造メーカー
・流通・リテール
・マーケティング営業・プログラム
・商品開発・プログラム

・大学観光関連学部プログラム紹介
・専修学校プログラム
・デザイン学校向け
・食と伝統工芸

MMP総研案内
MMP総研
の活動
・総研研究員募集・登録

JMCグループ
JMCグループ総合ガイド
MM・コーディネーター
日本販路コーディネータ協会
販路コーディネータ3級認定研修
日本観光士会
観光プランナー
日本商品開発士会
商品プランナー
日本営業士会
営業士初級検定試験
日本セールスレップ協会
セールスレップ3級認定試験
観光特産士会
/日本観光文化協会
観光特産士3級


講座・セミナー・研究会・交流会

マネジメントマーケティング研究会
賀詞交歓会
スキルアップ研修
MMリーダー研修
認定講師講習会



書籍
JMC出版局

 

 



キャリアアップ・プログラム 



企業・ハローワーク・職業訓練校との提携 社会人教育で採用 

 変化の激しい現代に求められている力を持った人材を育成するためのセミナーを開催し、さらにブラッシュアップを進めています。

 (1) メーカー、販売先の事業戦略、商品戦略、販売戦略、販売促進戦略に対するアドバイスと的確なオーダーを出すことが出来、顧客の立場に立って顧客に満足される商材を提供し顧客 の状況にあった形で用途開発を行い、また商材に効果的変更を提案し提供することの人材育成プログラムです。 
 プログラムでは、産学公が連携し、企業の人材ニーズの把握、これに即したカリキュラムの策定、民間・公共の職業訓練機関での実践的な人材育成を目指しています。  
 
 (2)メーカー企業の抱える問題一として、[売る]段階の手前で、 製品自体が完成されていないケースか多くあります。同様に、企業との面談・打台せを重ねることにより、企業内の業務 改善など、根本的なところに問題があることが判明するケースもあります。その場合は、コンサルタント機能を持った販路 コーディネータが必要になり、メーカーの販売チャネルの選択やコーディネートを行います。 一方、「セールスレップ」は「販売士」という資格とよく比較されることがありますが、販売士は小売・流通業の販売に関わる資格といっても良いでしょう。たとえば、商品戦略といえば「売り場の品揃え」などであり、店舗を中心とした「販売計画」などになります。  
 それに比べ、「モノつくりメーカーの営業」は、その企業の立場、視点で製品企画開発、マーケティング、製品調査、販売計画などを重点に置き、販売先である専門分野も同時にマスターすることが求められます。 

 (3) 専門分野は、商業(商社、小売、卸)、工業、環境、IT、サービスなど多岐にわたり、セールスレップはそれぞれの専門分野において企業プロジェクトの成否を握る重要な役割を果たしています。アメリカではセールスレップは医者や弁護士並に高度の知識と人脈を持つエグゼクティブセールスレップが活躍しています。社会的地位も高く、尊敬されていることは十分理解できます。 

 ご興味がございましたら、本部事務局までご連絡ください。


雇用開発センターのプログラム実施展開も行っています。実施展開が継続できる仕組みづくりをお手伝いいたします。
  各協会では相談窓口を強化するとともに、コーディネーター等、高度な専門知識を有する方をアドバイザーや研修講師として紹介しています。 また、各都道府県での雇用開発センターなどの展開につきまして、ご興味がございましたら、本部事務局までご連絡ください。


 <お問い合わせ先> 
(社)日本販路コーディネータ協会 MMP総研 
〒115−0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階 Eメール 
info@hanro.jp(代表)  TEL 03-5948-6581(代表)

MMP総研 営業カリキュラム

販路拡大・新販路開拓支援をお手伝い
 売上げを増大させるには、新商品開発・発売、品揃え拡充、販路拡大・新販路開拓などの様々な手法が考えられますが、企業の業種や経営環境などによって最適な手法が選択されます。
 経営環境分析から始め、売上げ増大の方針・手法を提案。とりわけ、販路拡大・新販路開拓に関しては、納得できる提案を有効とすることが重要です。

環境分析(SWOT分析等)の予備調査
 経営環境の現状把握から始めます。例えばSWOT"分析により、強み(Strength), 弱み(Weakness), 機会(Opportunity), 脅威(Threat)が把握できます。具体的には、現状の販路はどのようなものか、その売上げ規模は、将来性はあるか。商品は競争力があるか、価格政策はどのようなものか、また仕入先との関係などの調査を行います。これら一連の作業で重要なことは、強みを、外部環境である機会に投入できるか、あるいは今後の脅威に備えて弱みをカバーする方策はあるかという仮説を設定することです。
 これらの仮説がなければ、"調査"のための"調査"を行うことになり、次のステップである戦略立案には繋がりません。経営者にとってのマーケティング戦略とは、売上げを上げるために、商品の品揃えを適正化し、合理的な価格を設定し、広報や宣伝手段を明確にし、そして最も有効な販売チャネルをつくり上げることです。
 販路拡大といっても、販売チャネルだけを新たにつくることではありません。販路開拓は、品揃え・価格・広告/宣伝・販売チャネル全ての戦略を明確にしなければなりません。


MMP総研 相談会の活動

 

各種プログラム開発からベンチャー/中小企業の育成・指導に応える

 企業の創業時には、独自の技術開発、商品開発、仕組みの開発……など、事業のタネである技術的な専門領域の開発に事業資産を集中させるため、どうしても事業環境の整備や、必要な経営の仕組み作りと運営という基盤がおろそかになりがちです。技術力をもった企業は、技術開発こそ全てと考えがちですが、企業の経営は、「優れた技術力」と「企業を運営するマネジメント力」が両輪です。
販路開拓・技術開発支援を行う方法を支援します。技術がありながら、どんな商品に生かしたらよいか分からない、商品開発を技術・マーケティング面から支援して欲しい、商品を開発したが販売先が見つけられない。そのような企業に対して、技術開発支援、および、広範なネットワークを生かした販路開拓支援を行います。

 企業にとって、技術力のみではなく、販売力の強化や事業効率性の向上による経営基盤強化は早急に解決すべき課題であり、さらには事業毎のPLの早期黒字化が望まれています。
 マネジメントマーケティングは、企業を取り巻く社会経済環境や企業への支援・産業振興施策の現状、新たなシステムに関する議論の経緯を踏まえて、「市場の視点」から、実際に企業の抱える問題解決を実践するものです。
 そのため、産業活性化プロジェクトにおける新事業の技術開発から市場化までの一貫支援要素の一つとして、産業クラスターの創成を促進させるものとしても位置づけられるでしょう。

 企業の事業化の中で、大きな位置を占める商品の企画・開発においても、@マーケティング環境分析、A3C調査 セグメンテーション(市場の細分化)とターゲティング(市場の絞り込み)、Bアイデア発想・アイデア選択評価、Cポジショニング分析、D商品設計、プロトタイプ、E製品評価、FSWOT分析、Gマーケティング・ミックス(4P)による分析と戦略立案、H問題抽出解決、Iロードマップ作成(中長期計画)のプロセスを経て成立するものであり、各プロセスで企業が不足する部分を補完し、これまでの、ひらめきや勘だけに頼る商品企画や、技術シーズ中心の商品開発を廃し、継続的な商品開発が望めるように配慮する視点が大切です。
 研究開発段階からプロトタイプ、完成品化までの工程には、一定の育成期間が必要です。また、プロトタイプから製品完成化までには多くの課題があります。
 開発から商品化、販売に至る過程においては、試作品を完成するまでの資金、また、商品として完成するためにはより一層の時間・資金・労力が必要です。
 さらに、市場調査などで顧客の潜在需要をつかみ、販売先経路に乗せ、販売計画・販促宣材物を用意し、初めて商品として完成し、販売ができるようになります。

営業キャリアアップ・プログラム 

 日本営業士会の『営業キャリアアップ・プログラム』は、いわゆる 少子・高齢化や女性の職場進出、労働者ニーズの多様化などを視野に入れながら、働き方の支援を通じて、誰もが意欲と能力に応じて伸び伸びと働き、生きる喜びを実感できるユニバーサルなキャリアアップ・プログラムの構築を行っています。

 これまで協会では、産学公が連携し、企業の人材ニーズの把握、これに即したカリキュラムの策定、民間・公共の職業訓練機関、行政、公的支援機関、また企業の人事部などが主催する現場での教育研修など、実践的な人材育成をトータルに展開する「キャリアアップ・プログラム」を展開している団体です。

 また、厚生労働省所管の財団法人雇用開発センター、ハローワークとの「販売・コーディネータ専科カリキュラム」、「シニア層向けカリキュラム」や、各地の商工鍵所、商工会、産業振興公社等の研修、セミナーを行ない、全国各地に認定講師を派遣させていただいております。
MMP総研の活動
 
MMP総研の活動

<お問い合わせ先>
(社)日本販路コーディネータ協会 MMP総研
〒115−0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
Eメール info@hanro.jp(代表) 
TEL 03-5948-6581(代表)






Copyright(c)JMC. All Right Reserved.