観光士は、日本観光文化検定協会が我が国唯一の観光士資格としてその認定証を付与しています。

全国観光特産検定

日本観光文化検定協会


検定
 


社団法人日本販路コーディネータ協会

 観光士認定制度

観光士認定制度
 日本観光文化検定協会と連携する『日本観光士会』では、「観光士」と「観光コーディネーター」の資格を認定しています。
観光コーディネーターは、地域のAI(エリアアイデンティティ)の構築、ブランドづくりなどのコーディネート、および観光振興の計画立案、実行が重要な役割です。観光士は、地域コンセプトに基づいた個別のプロジェクトをひとつひとつ具体的に企画し、実行してゆくのが重要な役割となります。
観光士とは

本試験は、専門家レベルの観光コーディネーターとアカデミックな分野の学術研究者及び、実践実務家の協会認定の販路コーディネータが共同して、観光商品の有形、無形商品の枠を超えた「観光士」を認定し、その上位ライセンスとして「観光コーディネーター」を位置づけています。

観光産業は21世紀のリーディング産業となる可能性をもち、今後の地域活性化のためには、観光産業を地域の基幹産業として育てていくことが重要な課題と なっています。日本政府も観光立国を重要な国策のひとつとして推進しています。
 わが国では観光業界におけるマネジメントができる人材を養成することが決定的に重要です。観光士資格認定試験は、観光業界におけるマネジメント人材を養成することを目標に科目が組まれています。

●観光士資格認定試験科目
 学科試験の出題範囲はテキストに準じます。

●試験
各科目ごとの点数が60%以上かつ、 全科目の合計点が60%以上の場合、合格といたします。

観光士受験の概要はこちらから 


●研修及び、試験等の情報は、当ホームページ、メルマガ等で発表いたします。
 メールマガジン無料登録


観光庁が観光関連企業を対象に「求める人材像」を調査したところ

▽管理職・リーダーとしての素質・適性
▽どの部門にも対応できる基礎能力
▽社会人としての常識・マナー
などの回答が多く、同課は「経営全般について学んでほしいというニーズが見られる」。

 しかし、国内の観光系学科・学部のカリキュラムでは歴史、政治、地理などの社会科学系分野を重視する傾向にあり、経営に関しては軽く触れる程度。卒業生の約半分が観光業界に就職する米コーネル大学が、カリキュラムの66・7%を経営分野に割いているのとは対照的だ。
詳しくはこちらから
2009年1月10日2時50分配信 産経新聞


ご質問、ご相談等ございましたら、まずは(社)日本販路コーディネーター協会 日本観光文化検定協会 事務局までご連絡ください。



(社)日本観光文化協会
ホームページ 

Email support@jmmp.jp
TEL 03-5948-6581(代表) 
〒115-0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階 

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.