全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に社団法人日本販路コーディネータ協会が合格証を付与するものです。

観光文化検定協会

実施要領とお申込み
全国一斉試験




社団法人日本販路コーディネータ協会




観光検定 旅行検定 観光試験 旅行試験  
観光資格 旅行資格 旅の資格 旅の試験 旅の検定
 名物検定 郷土料理検定名物料理検定の
全国観光特産検定!

 

 皆様の声、質問から


 検定について、マスコミなどに掲載されたり、放送され、学生の皆様からの反響が大きかったので、そんな皆様からの声、質問からお答えします。

A:それは誰でも受験できるのですか?

 
はいそうです。自分自身の実力を試すだけでなく、観光産業や公的観光振興関連や、流通、フードビジネス等への就職、あるいは地域振興などのビジネスにも生かせる検定です。

A:社団法人日本販路コーディネータ協会ってどのような団体ですか?
 
 日本観光文化協会と提携するする社団法人日本販路コーディネータ協会は、2001年にビジネス支援、IT活用のマーケティング教育型の研修活動を目指してNPO法人設立準備委員会が発足され、NPO法人として活動したのが始まりです。 その後、社団法人として組織を強化し、プロフェッショナルのマーケティングコンサルタント「販路コーディネータ」を養成し、資格認定を行っている団体として、国、地方公共団体様などの公的マーケティング支援事業などを展開してきた団体です。

A:具体的にはどんな活動をしているのですか? 

 これまで資源活用と観光等の企業情報、 地域情報などを入手しながら、成長が期待できる分野に積極的に取り組むホテル・レストラン企業や協同組合様、 製品開発、地域ブランド拡充などに意欲的に取り組んでいる農産物、加工物等の生産者様等に重点的に配慮し、公的機関等と連携しながら活動しています。この検定では、全国各地の47都道府県の食と伝統工芸品、地場産業を軸にさらに一歩押し進めることにしたいと考えております。 つまり、それぞれの地域の特性を生かした全国各都道府県の「地域資源」や「観光資源」、「特産物」、「加工特産品」などを広く知らしめるための公的活動をサポートしてきたわけです。

A:「観光特産士検定」を主催する意味は? 

 いま、観光と融合した街づくりや商品開発、地域資源を活かした観光メニューの企画・開発・コーディネート・宣伝および観光振興、また着地型観光メニュー開発や商品開発による事業の育成が望まれています。 
 しかし、これらの情報、知識を総合的に学べる場はこれまでほとんど有りませんでした。 このような状況を解決すべく、観光特産士検定が発足しました。 つまり、一般の人たちにとっては自らの実力を確認するためであり、また単なるご当地検定ということではなく、観光士や観光コーディネーターなど、そうした専門的な知識を持つプロフェッショナルを育成するためのシステムでもあるわけです。

A:検定の内容は? 

 4級は入門編で学生の方やはじめて受験される方、3級は観光と名物、郷土料理、工芸品などのこだわり派のための中級編、2級からは応用編、1級は、観光・旅行・流通・フードビジネスなどの就業者および就職を希望する方、その他関連する事業者様や企画関連の方、地域資源の活用のプロを目指す方などを対象としています。 さらに、学生、社会人向けの観光士としての観光業界のリーダー人材育成、最上級の観光コーディネーターは、地域興しや観光プロデューサーとしての専門家としての人材育成を目指しています。

A:今後の方向は? 

 これまで、国、地方公共団体様などの公的マーケティング支援事業や地域の特性を生かした「地場産業」や「観光街づくりなどのプロジェクト」に参加し、その「商品・サービス」などを広く知らしめるための活動サポートなどを通じて、いろいろな事業活動をしてきました。
 その課題の中には地域特産にかかわるものが多くありました。 学校で学ぶことは、地域の特産品の理解になるでしょうし、一般的には「お土産は何にしたらよいのか」、「ギフトとして贈りものをするのには何が良いか」と悩むのも消費者の観点でしょう。わが身に照らしても観光地に旅行したらやはりその土地の名物が食べたいし、伝統工芸品なども気になります。そんな伝統工芸品や名産品、名物料理など観光に関する幅広い知識を問うのが「観光特産士検定」です。
 また、まだ知られていない旅の楽しみを発見し、同じ旅行も、地域に潜んでいる隠れた名所、名物などを知ることで新鮮な発見があるような内容にしてゆくこと、資格を取得して就職活動時にも役立つ検定にしてゆくことです。
 

A:実際にはどんな問題が出題されるのですか?勉強方法は? 

 
勉強としては試験科目が観光、特産品、名産品、名物、郷土料理、駅弁、伝統工芸品、民芸品等です。 4級は、高校生・専門学校生・短大生・大学生などを対象とし、社会人で、初めて受験される方にもお奨めの級です。
 全国的に一般的に知られている観光、特産品、名産品、名物料理、郷土料理、駅弁、伝統工芸品、民芸品等の基礎知識です。 3級、4級検定では事例問題集があります。例題、解答を見ていただき、どのような傾向値の問題が出題されるかをつかんでいただき、これを学習していただくことになります。 また、もっと勉強したい方には、「観光特産の公式テキスト」(全国観光特産検定試験 3級公式ガイド&サンプル問題・全国書店・アマゾンなど)が発行されています。

A:今後の人材育成の方法は?

  このところ学校の先生からお問合せいただき、もっと近くの会場をとご希望をいただきました。20名以上になれば、なるべく可能な限り、現地の学校等で会場を増設することが出来るようにしています。
 生涯学習という視点にたって、学生から、社会人、熟年、シルバー層の方々まで、この検定を受けていただきたいと思っています。 
 また、日本販路コーディネータ協会の実施する観光コーディネーターの研修も用意していますが、観光士、観光コーディネーターなどを含む、あらゆる研修は、その育成機関として優秀な人材を世に送り出し続けることも目標としています。
 公的連携研修なども強化してゆきたいと考えています
  私たちはいずれも豊かな観光資源を持つ一連の地域特産品の情報発信を行い、地域企業の啓発に務める他、地域の関連支援者にも情報を公開して、単なる検定試験に終わることなく、基礎的観光特産品に関する知識、またより高度な観光関連のスキルをより広く浸透、普及させることが重要であると考えています。

 

社団法人日本観光文化協会

まぐまぐ!