全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に社団法人日本販路コーディネータ協会が合格証を付与するものです。

全国観光特産検定
日本観光文化検定協会




社団法人日本販路コーディネータ協会
観光コーディネーターとは

●観光コーディネーターの役割 ― 「コトづくり、モノづくり、場おこし」
 観光コーディネートの構築には、「コトづくり、モノづくり、場おこし」が実現できる『人づくり』が重要である。 観光コーディネートの大きな役割は、地域の「エリア・アイデンティティ」を構築・確立し、「地域ブランドづ くり」に取り組むことが、最も重要な役割となる。

1.エリア・アイデンティティ(AI)  
 エリア・アイデンティティ(AI)とは、一般には、地域の独自性を高め、表現することにより、その地域の活性化を図ることをいう。町おこしや村おこしという言葉に象徴されるような地域の独自性を実体化すると共に、地域内外への情報発信を行なう。
 これによく対比されるものに、コーポレート・アイデンティティ(CI)がある。これは、一般に顧客からみて企業を識別できるような、その企業に特有のものを外部に公開することで、その企業の存在を広く認知させるマーケティング手法といわれる。CIの構成要素としては、社名、ブランド名称、ロゴ、コーポレートカラー、スローガン、コンセプトメッセージなどをあげることができる。 エリア・アイデンティティも、グローバル化の進行・地域活性化施策のあり方などが進行のなかで、他の地域との差別化を図るため、その構築・強化が必要とされている。

観光コーディネーター資格活用

 

2.地域ブランド戦略の取組みとその課題
 「地域資源と観光資源」を活かした振興化策においては、地域ブランド戦略の構築とマーケティングが大切である。さらに、地域のブランド化をすすめていくためには、地域ブランドには「二つの側面」があることを理解する必要がある。
 ひとつは、地域そのもののエリア・アイデンティティ=地域ブランドの構築と確立であり、もうひとつは、商品ブランドとしての「地域特産ブランド」(特産品と特産物)の商品化である。
 地域ブランドによるエリア・アイデンティティの確立は、地域のブランドイメージを向上し、広くモノやサービスが売れるという経済的効果のほかに、地域住民にとっては、地域に対する愛着や誇りを生み出し、地域の活力にもつながる効果も有する。 
 また、商品ブランドとしての地域特産ブランドのアイデンティティ確立は、ある特定地域が有する歴史、文化、自然と特産品や伝統工芸品、工業技術など、地域固有の風土を生かして生み出された他の地域とは異なる独自のブランド価値の確立であるともいえる。地域では、コーディネーターを外部から調達することも可能だが、持続的に地域の課題を解決する仕組みを構築するためには、そういった人材を育成できる組織や、プロジェクトを構築することが必要となっている。  

 3.地域特産ブランド戦略 
 「コトづくり」においての観光商品は、集客づくりであり、その受け入れ態勢を充実させるための地域ネットワークの構築と、人材育成および地域と顧客をつなぐ観光資源の融合化(商品・サービス化)の構築が必要である。
 地域ネットワークの構築や地域と顧客をつなぐときに、基本となるのはコーディネーターと関わるすべての人との信頼関係であり、その信頼関係により情報の質や量などで成否が決まるときも多くある。
 そこで、重要なのは、その情報を整理し判断することである。コーディネーターは各機関(地域、顧客)の情報を客観的(総合的)に判断し、よりよいコーディネートの構築をめざす必要がある。 

 地域特産ブランドは、その地域で培われた生活文化や伝統的歴史などを大切にしつつ「つくったものを売る」のではなく、「売れるものづくり、仕組みづくり」を促進するという発想が重要である。
 また、地域ブランドでは、観光資源(体系)の融合「場おこし、コトづくり」の発想が大切である。 
 地域特産ブランドには、特産品(加工)と特産物(自然界からの産物)がある。エリア・アイデンティティを核とした地域ブランドでは、「観光資源(体系)の融合」と「コトづくり、モノづくり、場おこし」が重要となり、これはいわば「モノとサービス商品の開発、イベントおこし」なども含まれる。 
 地域特産ブランドは、地域の魅力・資源・可能性の気付きとそれをブラッシュアップすることで、地域活性化が図られ、地域内外の結びつきの強化や町内への波及が考えられよう。その結果、個別の事業としても安定を見せ、長続きできる体力がつき、質の向上が期待できる。

4.観光コーディネーターの育成 
 このように観光コーディネートの構築には、「コトづくり、モノづくり、場おこし」が実現できる人づくりが重要である。 観光コーディネートの大きな役割は、地域の「エリア・アイデンティティ」を構築・確立し、「地域ブランドづ くり」に取り組むことが、最も重要な役割となる。
 観光地域づくりに必要な人材の役割については、マーケティング、営業、広報、商品開発など専門的な役割を担い、コーディネーターがそれらの専門的な人材を取り纏めて地域を牽引する役割を担うなどの組織やプロジェクトなども必要である。  
 さらに、今地域では、体験メニューや着地型旅行商品、地域特産ブランドや、観光特産品などの商品を開発し、流通させることで、地域経済活性化のための仕組みを構築することのできるコーディネーターレベルの人材を必要としている。 

 したがって、観光学や観光マーケティング、観光ビジネス論などの知識習得のみに留まることのないような育成、及びその施策が必要となっている。  
 また、観光振興や街づくりなどを通じて、地域が経済的な自立を果たすためには、コーディネーターは商品開発、プロモーション、物販業、施設管理などとともに街づくりなどへの参画が必要となり、多様な役割が求められている。

 観光コーディネーターには、よりプロデューサー的な視点が求められている。

 @ プロデューサーとして事前の仕込み、プランニング作業。確かな予測と知識に基づいたコンサルティング技能が必要。
 A 観光コーディネーターは、一見華やかなコンサルタントとして、脚光を浴びているが、地道で地味、積み上げ型の活動である。
 B 優秀な観光コーディネーターは常に「地域から、メーカーから、新しい息吹きを発信する」という信念を持つこと。この信念が活動の原動力となる。 
 C 現場では高いモチベーションとアドバイザーとしての能力をフルに発揮し、地域をリードしていくことが必要である。

観光コーディネータの育成

日本観光文化協会
お問い合わせは
Email support@jmmp.jp
〒115-0055 東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
TEL 03-5948-6581(代)
Email info@jmmp.jp(代)

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.