全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に社団法人日本販路コーディネータ協会が合格証を付与するものです。

全国観光特産検定

実施要領とお申込み

11月28日(日)検定




社団法人日本販路コーディネータ協会
観光コーディネーターと旅行業務取扱管理者の違い

 
観光コーディネーターの主な仕事は、「観光地域づくり」であり、「モノづくり、コトづくり、場おこし」がその役割です。現在は 特に、地域のブランドの育成が重要な仕事となっています。
 
 観光の歴史を見ると、わが国では観光という言葉は、幕末から明治維新にかけてのことと云われています。「観光」の語源は、古代中国の周代の易学の書「周易」に求められます。  
 その解釈は、「国の光を観る。用て王に賓たるに利し(高田真治訳=岩波文庫「易経」)」の一節と云われています。 現在では、観光とは、観光資源、観光施設を含むサービスなど、その観光行動と周辺の関連事業活動を含めた広く「観光現象」を意味するものです。

 これとよく混同されるものに、旅行(旅)があります。その解釈には諸説もありますが、多くの資料にあるように、旅行は「人が空間的、物理的に移動すること」を意味します。移動する=多くの場合、交通手段をいいますが、インターネットの普及で、旅行代理店を通さず、顧客がダイレクトに交通機関、宿泊施設などの予約できるようになったことがあげられます。これは、数年前から観光客がどこへ行き、どのような行動をしているのか(観光マーケティング)が分りにくくもなっている要因ですが、それだけニーズの多様化が起きたともいえます。
 
たとえば、旅行業務取扱管理者は、旅行業法に定められている旅行業者及び旅行業者代理業者の営業所にお
ける顧客との旅行取引の責任者のことです。いわゆる、旅行代理店などの営業所ごとに最低1人以上の旅行業務取扱管理者として選任することが義務付けられています。旅行業者代理業者は、主に旅行=人が空間的、物理的に移動することにかかわる業務が主な役割といえましょう。

 一方、観光コーディネーターは、具体的には地域資源を活かした地域ブランドの事業開発、観光メニューの企画・開発・コーディネート・宣伝、また、商品・サービス開発などが挙げられます。
 
 この2つの資格は、以下の観光マーケティングの説明がわかりやすいと思います。

 観光コーディネーター台頭の背景のひとつに、旅行代理店が主な仕事としてきたマスツーリズムといわれる団体旅行客の衰退があります。
 そのため、『着地型観光』の急伸がそのひとつの例としてあげられます。
 着地型観光という言葉は、既存の形態である『発地型観光』と比較すると分かりやすいと思います。発地型観光とは、出発地に所在する旅行業者が企画するパック旅行等のことを言います。旅行代理店などでは、その販売規模を生かして、交通機関や宿泊先などを一括で安く仕入れることができます。しかし、その旅行企画はマスツーリズム型になり、一律の定型的パッケージに陥りやすいという弱点を持っています。 
 一方、着地型観光は、時代のニーズを反映し、地域振興との結びつきが強い独自性の高い企画が提案できることになります。
 現地集合、現地解散が基本の形になり、マーケットの細分化、多様化に対応した新たな観光企画開発が行われることになります。  

 つまり、マスツーリズムの時代には、社員旅行をはじめ、団体型の旅行が主体でしたが、宴会が目的の観光や社員旅行は減り、発地型では作れない観光商品が主流になってきています。時代は、マスツーリズムからニューツーリズム(グリーンツーリズム)へ着地型観光の推進により、地域資源の見直し、観光資源の融合化、農商工観光連携などの施策が図られています。これにより、、地域活性化を目指すことが出来るだけでなく、さらに、観光資源を発掘すること自体が、『街づくり』への支援になっています。

 また、地域のさまざまな取り組みをいかに観光客の行動につなげるかが重要です。 観光客は、多くの国内外の観光地の中から、自らのニーズに合致した観光地を選んでいます。そのため、地域を訪れる観光客を増加させるためには、多くの一般企業が財・サービスを市場に提供し、ニーズやウォンツを満たすための活動を実施する場合と同様に、地域の観光素材を「観光特産品」や「施設づくり」「サービスづくり」などに組み込み、市場に対して積極的・戦略的にマーケティング活動を行っていくことが不可欠になっています。 
 このような中、多くの地域が、マーケティング活動に関するノウハウや経験の不足から、思うような結果を出せずに頭を痛めているというのが現状です。

 また、「観光」は街づくりを中心として、自然、生活文化、歴史風土 や、保全・環境活動まで含む定義がなされています。したがって、観光コーディネーターの役割は「モノづくり、コトづくり、場おこし」を考えることがますます重要になっています。
 さらに、この観光マーケティングを見る際には、「観光地域マーケティング」と「旅行マーケティング」の違いを理解することも大切です。  
 観光地域マーケティングとは、観光地域からその地域に集客を図るターゲットを想定し、顧客満足度をあげ、維持して活動が基本です。一方、旅行マーケティングは、特定の地域を対象とせず、「どのような旅行先が人気か」、「どのような旅行がトレンドか」、「どのような旅行商品をつくることがよいか」ということなどが基本にあります。

. 観光地域づくりに必要な人材の役割については、マーケティング、営業、広報、商品開発など専門的な役割を担い、観光コーディネーターがそれらの専門的な人材を取り纏めて地域を牽引する役割を担うことなどが重要になっています。

観光コーディネーターの役割と試験について
 
 研修でこの資格を受けるためにはまず観光特産士3級、もしくは販路コーディネータ3級資格を取得する必要があり、また、東京で行われる研修会に参加し、試験を受ける方法と全国7会場で試験だけで受ける方法があります。ただし、その試験科目からは、難易度が高い資格といえます。

観光コーディネーターの役割
【1】地域資源を活かした観光と商品(地域ブランドづくり、コトづくり、モノづくり、流通チャネルづくり)の企画・開発・コーディネート・広報および観光振興。
【2】着地型観光メニュー開発や地域特産商品開発などの知識とスキルの育成。 さらに、地域との連携によるコミュニケーションスキルの育成。「農商工観光連携」等、特産物、特産品の生産者、流通から消費者までの観光資源体系活用の理解とブランド・マーケティング関連の知識とスキルの向上 。    
【3】地域活性化:マーケティングを理解し、地域ブランドの強化と地域振興、地域活性化及び街づくり等に寄与するための知識とスキルの養成。 

観光コーディネーターの役割
詳細はこちらから


観光コーディネーター受験要項・受験申込の手続き
 受験の申込方法や、試験の詳細。
 受験要項の詳細は、下記サイトから入手できます。
 検定実施要項について


観光コーディネーターの講習会を開催!

「コトづくり、モノづくり、場おこし」に取り組む
観光コーディネーターを目指す方へ

好評のうちに終了しました。

テーマ
「観光資源と地域特産の融合に関する提言」
〜観光特産活動と観光コーディネーターの役割〜

「観光、街づくり、地域特産開発」などにおける事例を取り上げ、「地域おこし、場づくり」に取り組む観光特産士、観光コーディネーターの方たちのために、「観光資源と地域特産の融合に関する提言」としてまとめたものです。

この無料特別講習会を開催しました。
協会資格者の方、観光特産士の受験申込者の方は無料で受講いただけます!
・札幌会場…2010年10/24(日)10:30〜12:00
・大阪会場…2010年12/3(金)18:00〜19:30
・東京会場…2010年12/10(金)15:30〜17:00

各会場 先着20名様
はじめて資格に挑戦される方は、全国観光特産検定にお申込みください。
http://www.jmmp.jp/tokusan/youryou.html

団体受験について
 企業・学校など、団体で受験・研修される場合は、日本販路コーディネータ協会へ(03-3598-6898)へ直接、ご申請ください。10名以上の学校・企業・団体様のお申し込みについては、割引適用をさせていただいております。 

日本観光文化検定協会
お問い合わせは
Email support@jmmp.jp
TEL 03-3598-6898(代表) 
〒115-0045 東京都北区赤羽1-52-12  
(社)日本販路コーディネータ協会内 日本観光文化検定協会

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.