全国観光特産検定

全国観光特産検定 観光特産士 全国観光特産検定は、全国の特産品を持つ地域の観光や文化に関し、一定の知識を持った人に一般社団法人日本観光文化協会が合格証を付与するものです。

よく頂く質問

Q.観光特産士検定とは?
A.観光特産士検定(かんこうとくさんしけんてい)とは、(一社)日本観光文化協会が認定するわが国唯一の全国を対象とした「観光と特産」のスペシャリストの検定資格です。観光、旅行、地理、歴史、名物 郷土料理、名物料理、そして観光と地域特産品の全国版の検定ともいえます。協会では、上位級の観光特産マイスター、専門家レベルの観光コーディネーターを認定しています。
Q.観光特産士の検定は、誰でも受験できるのですか?
A.はい、観光特産検定は、自分自身の実力を試すだけでなく、観光や流通、フードビジネス等への就職、あるいは地域振興などのビジネスにも生かせる検定です。就職活動の時でも、この資格を記載活用していただければ、ご自身の活動も広がると考えています。
Q.一般社団法人日本販路コーディネータ協会、一般社団法人日本観光文化協会とは、どのような団体ですか?
A.「一般社団法人日本販路コーディネータ協会」は、2001年にビジネス支援、IT活用のマーケティング教育型の研修活動を目指してNPO法人設立準備委員会が発足され、NPO法人として活動したのが始まりです。その後、一般社団法人日本観光文化協会としても組織を強化し、プロフェッショナルのマーケティングコンサルタント「販路コーディネータ」、観光のプロデューサー「観光コーディネーター」を養成し、資格認定を行っている団体として、国、地方公共団体様などの公的マーケティング支援事業などを展開してきた団体です。また、農林水産省、経済産業省、官公庁等が進める「農商工観光連携人材育成研修事業」や「観光街づくり」セミナー、「観光特産品開発支援」研修など、数多くの公的研修、都道府県主催のセミナー事業を実施してきた団体です。
Q.具体的にはどんな活動をしているのですか?
A.資源活用と観光等の企業情報、地域情報などを入手しながら、成長が期待できる分野に積極的に取り組む生産企業や、 製品開発、地域ブランド拡充などに意欲的に取り組んでいる農産物、加工物等の生産者様等に重点的に配慮し、活動しています。全国各地の47都道府県の食と伝統工芸品、地場産業を軸に、本事業をさらに一歩押し進めることにしたいと考えております。つまり、それぞれの地域の特性を生かした「名産品」「名物」「地場産業」などを広く知らしめるための活動をサポートしてきたわけです。
Q.「観光特産士検定」の意味は?
A.いま、観光と融合した商品開発による事業の育成が望まれています。確かに、地域ごとのご当地検定などは有ります。しかし、これらの情報、知識を総合的に学べる場は、中学、高校、専門学校、大学などでもこれまでほとんど有りませんでした。このような状況を解決するため、観光特産士検定はスタートしました。つまり、学生の方は観光や特産にかかわる知識を整理して学ぶことができ、一般の人たちにとっては自らの実力を確認するためであり、観光特産士の検定はその知識と、それに加えて観光士の資格認定や、さらに上級のライセンスである観光のコーディネーター、プロデューサーとして活躍できるような専門的な知識を持つ方々を育成するための検定です。
Q.検定の内容は?
4級の入門編は、高校生・専門学校生・短大生・大学生などや、はじめて受験される社会人の方向けです。3級は観光と名物、郷土料理、工芸品などのこだわり派のための中級編、2級は応用編、マイスターは、観光・旅行・流通・フードビジネスなどの就業者および就職を希望する上級編となっています。上級編では、観光特産に関連する事業に従事する方や企画関連の方、地域資源の活用を目指す方々などを対象としています。さらに、観光業界に携わる一般社会人、観光業界のマネジメント人材育成のための学生等を対象とした「観光プランナー」「観光士」「観光コーディネーター」は、観光のスペシャリスト、観光業界のコーディネータ役として、新たな事業を創り出す人材の育成を目指しています。
Q.実際にはどんな問題が出題されるのですか?勉強方法は?
勉強としては試験科目が観光(「自然景観」、「生活文化」、「伝統的歴史」、「スポーツ」、「芸術」観光)、特産品、名産品、名物、郷土料理、駅弁、伝統工芸品、民芸品等です。4級は、高校生・専門学校生・短大生・大学生などを対象とし、社会人で、初めて受験される方にもお奨めの級です。全国的に一般的に知られている観光、特産品、名産品、名物料理、郷土料理、駅弁、伝統工芸品、民芸品等の基礎知識です。
観光特産士公式テキスト・事例問題集を見て、どのような傾向の問題が出題されるかをつかみ、学習していただくことになります。出題される問題としては、特産品、名産品、名物、郷土料理、駅弁の食関連と伝統工芸品、民芸品関連と観光資源(温泉、行事・祭り、景観、名所旧跡など)の複合問題、及び地理、歴史文化との複合問題等があります。
Q.観光特産士資格の認定には登録が必要ですか?
2019年11月全国一斉試験より、観光特産士資格は登録制となります。試験に合格された方には合格証と資格登録申請書を発行いたします。合格証の有効期限内に資格登録手続きを完了いただくことで、資格が認定されます。
ご登録にあたっては、住民票抄本(本人のみ)3か月以内、資格登録申請書のご提出と資格登録料24,200円〈税込)(初回資格登録料11,000円、3年間登録料13,200円)のお支払いにより、観光特産士資格認定証(カード)を発行いたします。

※資格を昇級された場合、資格登録料および年間登録料を新たに重複して頂戴することはございません。
※登録期間途中で登録解除される場合、ご返金はいたしません。
※観光特産士資格の登録有効期間は、4級資格登録日を初回登録日とし、有効期間は3年間です。登録を継続する場合は、登録してから3年目に資格登録更新料(13,200円)を納付すると更新されます。
※2019年上期試験までに合格された方は、登録の必要はございません。

Q.試験に合格すると証明の認定マークなども使えるのですか?
はい、ご利用いただけます。「観光特産士」の名称は、国(特許庁)への届出による商標登録を受けています。認定マークおよび登録資格の利用方法などは、「観光特産士試験合格者と認定ロゴマークの使用について」をご覧ください。
Q.今後の展開は?

旅先での ”食や伝統の技との出会い” や ”地域の暮らしの発見” は旅の醍醐味です。まだ知られていない旅の楽しみを発見し、同じ旅行も、地域に潜んでいる隠れた名所、名物を知ることで新鮮な発見があります。楽しい出会いや、うれしい発見も、観光特産士検定の知識習得によって、かならずその機会が増えるでしょう。当協会では、旅を楽しむ知識や情報提供、基礎的観光特産品に関する知識、さらには、より高度な観光特産品のスキルをより広く浸透、普及させることが重要であると考えています。

また、生涯学習という視点に立って、学生から、社会人、熟年、シルバー層の方々まで、この検定を受けていただきたいと思っています。このところ学校の先生からお問合せいただき、もっと近くの会場をとのご希望をいただきました。20名以上になれば、なるべく可能な限り、現地で会場を増設することが出来るようにしています。

さらに、協会では観光士資格認定、プロフェッショナルな専門家を目指す方のために観光コーディネーターの研修等も用意しています。観光コーディネーターなどを含む、あらゆるライセンスは、その育成機関として優秀な人材を世に送り出し続けることも目標としています。私たちはいずれも豊かな観光資源を持つ一連の地域特産品の情報発信を行い、地域企業の啓発に務める他、地域の行政、学術機関、商工会議所、商工会などの関連支援者にも情報を公開してまいります。

Q.受験票はどのように発送されますか?
A.ウェブ申込の方はメールにて受験のご案内をお送りいたします。FAX/郵送申込の方は書面にてお送りいたします。
Q.試験会場はいつ発表されますか?
A.試験会場はメールとホームページでお知らせいたしますので、事前のお問い合せはご遠慮願います。尚、試験会場の決定には、ご住所などは考慮いたしかねますので何卒ご容赦下さい。
Q.合格の基準は?
A.正答率70%以上で合格と認定します。マイスター級(=旧1級)についても同様です。
Q.試験の合否結果はいつ送られますか?
A.試験結果は翌々月末までに郵送で送付されます。
Q.一度受けた級をまた受けられますか?
A.同じ級を何度受験していただいてもかまいません。
Q.実際にはどんな問題が出題されるのですか?
A.試験科目は、観光、特産品、名産品、名物、郷土料理、駅弁、伝統工芸品、民芸品等です。
4級は、高校生・専門学校生・短大生・大学生などを対象とし、社会人で、初めて受験される方にもおすすめの級です。
4級は、全国的に一般的に知られている観光、特産品、名産品、名物料理、郷土料理、駅弁、伝統工芸品、民芸品等の基礎知識です。
3級はそれよりも難易度が少し高くなります。
Q.受験のための参考書はありますか?
A.全国観光特産士検定4級、3級、2級の「公式テキスト」、マイスターには参考書があります。4、3級テキストは全国各書店や、インターネット書店でもお求めいただけます。
セブンイレブン書籍(社)日本販路コーディネータ協会関連書籍 アマゾン 紀伊国屋書店 など
Q.全国観光特産士検定の2級/マイスターの取得に向けた学習を始めたいと考えているのですが、どのような勉強から始めれば良いのでしょうか?
A.観光特産士2級は、4級、3級、2級の「公式テキスト・参考書」の中から選択式、記述式合わせて70問が出題されます(記述式は2級以上のみの出題です)。各事例問題集も発刊されています。
学習対応につきましては、記述式の出題がありますので、全国の特産、名産、郷土料理、伝統工芸品、民芸品などの名称を覚えておいていただくことが大切になります。
まず、2級までの公式テキストを重点に、特産、名産、郷土料理、伝統工芸品、民芸品名を記述できるように、学習を進められることを推奨しております。
マイスター試験では、3級・4級の基礎的・一般的な知識を習得された方々を対象に、2級試験の全範囲に加え、観光資源の活用や観光マーケティング知識についての知識を問う問題となっています。観光特産士マイスター試験では、参考書「観光と地域資源」を含む広範囲からの出題範囲となっています。
Q.資格を取得するとどんなメリットがあるのでしょうか。
A.学生の方は、社会科全般に強くなることが出来ます。社会人の方では、観光と特産品のこだわり派になれるでしょう。また、自分自身の実力を試すだけでなく、旅行・流通・フードビジネス、その他観光系の仕事や関連する観光業・流通業や企画関連の仕事、あるいは地域振興などのビジネスにも活かせる検定として、さらにはプロフェッショナルな専門家を目指す方のためには、街おこしや地域ブランド開発に貢献する人材を育成する日本観光文化協会主催の「観光プランナー」、「観光士」、「観光コーディネーター」の資格があります。観光コーディネーターになると、ネットワークが広がり、さらなるスキルアップが出来ます。当協会では「観光コーディネーター」としてプロフェッショナルな人材を育成しています。
Q.これまでの合格率をお教えください。
A.はい、第16回までの合格率は下記のようになっています(2017年まで)
<実施回>        <合格率>
第1~16回 観光特産士4級 96%
第1~16回 観光特産士3級 76%
第1~16回 観光特産士2級 65%
第1~16回 観光特産士マイスター 42%
Q.観光プランナー資格受験の条件は?
A.受験資格の制限は特にありませんが、観光特産士3級以上の試験問題も出題されます。こちらから受付しています
Q.観光士資格受験の条件は?
A.観光士資格を取得するためには、受験資格の条件があります。こちらから受付しています
Q.観光コーディネーター資格受験の条件は?
A.観光コーディネーター資格を取得するためには、受験資格の条件があります。こちらから受付しています
Q.4級を受験しないで、いきなり3級を受けてもいいのですか?
A.3級から受けていただくことができますが、上記、合格率からも3、4級を同時併願受験することで、4級の取得を推奨しています。
ただし、2級検定では3級合格者のみが、マイスター検定では2級合格者のみが受験することができます。
Q.同じ日に2つ以上の級を受けられますか?
A.はい、3級と4級の併願は可能です。
Q.受験地の変更や級の変更はできますか?
A.出願申請後の受験地、級の変更はできません。受験地、級はよく確認してお申込みください。
Q.受験できなくなりました。申込をキャンセルして返金をしてもらえますか?
A.一旦納入いただいた受験料および受講料は返金いたしません。ただし実施日の7日前までに電子メールにて事務局宛にキャンセル連絡をいただいた場合に限り、1回のみ日程変更のご対応をいたします。Email:info@jmmp.jpまたは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
Q.振り込みにあたって、受験費用、テキスト代金、問題集代金を合わせて振り込むことは可能でしょうか?
A.はい、できます。
Q.放送大学の学生ですが、学生割引は適用されますか?
A.はい、「全科履修」の在校生のみを「学生割引」の対象としています。